日本政策金融公庫・制度融資の創業融資のサポート専門

        (運営:安藤一夫税理士事務所『名古屋駅より徒歩5分』)

創業融資のお悩み
個別無料相談受付中
052-446-5257
受付時間
9:00~19:00(時間外対応可) 
定休日
日曜・祝日(予約可)

メールでのお問合せは、

24時間お気軽に!

創業融資無料診断

融資申込み前にポイントが確認できます。

 当事務所は、事務所開設以来日本政策金融公庫の創業融資に力をいれています。

数多くの創業融資のサポートをしてまいりまして特に大切なポイントは、

  1. 自己資金と融資希望金額のバランス
  2. 創業計画書(経営能力の有無・事業計画の妥当性)
  3. 融資面接(人間性)

 創業するために金融機関に設備資金・運転資金をお考えの場合、漠然と貸してくれるだろうと考えて借入申込書に記載しても、希望金額を獲得するのは困難です。

 ご自身で、金融機関、日本政策金融公庫に出向く前に、大切なポイントがクリアー出来ているのか専門家の意見を参考にした方が、より確実に希望金額に近い借入をすることができます

ご自身で申込みをして日本政策金融公庫がだした融資金額に納得できなくても、融資申込は1発勝負です!

 一度、日本政策金融公庫が出した結論を覆すのは、当事務所でも困難です。

そのため、日本政策金融公庫の創業融資、地元金融機関を経由した制度融資につきまして、申込み前に無料診断を行っています。

創業計画書のポイントをアドバイスします。

 創業の融資を受ける際には、創業計画書(事業計画書)の作成が必修です。

創業計画書とは、言葉の通り、創業の計画書です。

 創業融資は、基本的に未来の話を書きます。そのため、数字(売上予測等)については、あくまであなたの予測にすぎません。しかし、数字が予測でなく、確実に実現されることが誰の目から見ても明らかであれば、金融機関として融資をしても、元金・利息は返済されそうなので融資をしてくれるでしょう。

創業計画書で大切なのはココなんです。

予測にすぎない未来の創業計画が、実現されるように思ってもらえるかが勝負になります。

 これまで、数多くの相談者とお会いし、ご自身で作成した計画書をたくさん見てきました。ご自身では納得する計画書だとは思いますが、専門家が拝見すると、以下の点が欠けているものが多いと感じます。

  • 売上の根拠が曖昧
  • 経費の支出の根拠が曖昧
  • 資金繰り計算書が不正確
  • 事業を行う上での税金(所得税・住民税・事業税・国保・年金等)の支払が反映されていない
  • 個人の生活費の支出、経費の支出が混同されている
  • 創業資金の使い道が明確でない
  • 現金商売なのに運転資金(余剰資金)を必要以上に希望している など

 創業に不安を感じ夢見がちになるのはわかります。また、審査を担当する金融機関に良くみてもらいたいとう気持ちもよくわかります。

しかし、大切なのは測にすぎない未来の創業計画が、実現されるように思ってもらえるかが勝負になります。

 そのためには、どのような資料を準備すればいいのか、重要な項目は何なのか、創業無料診断では、評価の高い創業計画書を作成するためのアドバイスをいたします。

融資を受けられる可能性があるのか?診断いたします。

日本政策金融公庫では、一定の事業には融資を行いません。そのような事業に該当しないか。

 過去の金融事故については、審査段階で調査をいたしますので、隠すことはできません。何年以内の金融事故で、金額はいくらで、どのような金融事故だったのかで総合的に判断されます。

当事務所は、これまでの経験よりある程度判断ができます。

様々な質問にお答えします!

  • 創業融資を受けるベストな時期はありますか?
  • どのようなお金が自己資金ですか?
  • 公庫の申込み用紙に記入するだけで融資は可能ですか?
  • 自己資金の2倍以上の融資を考えていますが、大丈夫ですか?
  • 今まで無申告なのですが、申込みは可能ですか?
  • 事業経験がないのですが、申込みは可能ですか?
  • 運転資金と設備資金の違いが、よくわからないのですが?
  • 個人の信用情報は、融資にどれくらい影響しますか?
  • 融資申込みのタイミングと、不動産賃貸の関係は?
  • 融資を受けることができない業種、受けにくい業種はありますか?
  • FCにて創業を予定してますが、何か気をつける点はありますか?
  • 両親、親族等が過去に金融事故を起こしていますが、その影響は?
  • 資本金額は、どれくらいが適正額ですか?
  • 個人事業と、法人事業では、どちらが有利なのですか?

今まで数多くの創業融資のサポートをしてきた実績があります。

お気軽にお問合せください。

お問合せフォーム

以下のフォームに必要事項をご記入の上、「送信する」ボタンをクリックしてください。

必須

(例:山田太郎)

(例:山田商事株式会社)

必須

(例:sample@yamadahp.jp)
 半角でお願い致します。

(例:名古屋市中村区竹橋町5-5 さかえビル3階)

(例:090-1234-5678)
半角でお願い致します。

(選択してください。)

(選択してください。複数選択可。)

(お問合せの内容を詳しくお聞かせください。)

テキストを入力してください

※1.お電話によるお問合せは、電話:052-446-5257 までお気軽にお問合せください。

※2.お問合せ内容により、少々お時間をいただく場合があります。

創業融資サポートメニュー

創業サポートメニュー

事務所情報

事務所外観
運営 安藤一夫税理士事務所
代表者 安藤一夫
住所 名古屋市中村区竹橋町5番5号 さかえビル3階
電話番号 052-446-5257
受付時間 9:00~19:00(時間外対応可)
定休日 日・祝日(ご予約により対応可)